ライブ配信支援ブログ

ライブ配信のやり方

IPv6化で高速通信 安定したネット環境を作れる

IPv6ご存じですか?

今ネット回線の見直しがあなたの環境を良くするかもしれません。

もともとISDNやADSLなど様々にインターネット回線は進化してきましたが今使用されている環境では、ADSLか光インターネットが主流です。

今やスマートフォンやタブレットの黄金期といっても過言ではないほど普及されているデバイスの数々です。そこで自宅でのインターネットIPv6が徐々にですが、世の中に浸透してきているかなと思っています。

IPv6とは

IPv6(Internet Protocol Version 6)はインターネットプロトコルの一種です。現在主流であるIPv4でのIPアドレスは約43億個であったのに対して、IPv6は約340個使用可能となりました。見慣れない桁が出てきましたがは340兆の1兆倍の1兆倍個です。

もう訳のわからない数字の世界ですが簡単に言えば実質無限大に接続可能になった規格だということです。

IPv4でもかなりの数だと思いますが現代において、一人一台以上持つ環境化では少ないのです。特にゴールデンタイムと言われる時間帯においては混線し、使う人が多い時間帯においては動画視聴で止まった事がある方も多いと思います。

それを安定させる為に開発されたものがIPv6です。元々は速い段階で研究を進められていた規格でしたが徐々にですが世に出回ってきたかなという印象です。

IPv6メリット

ここまでいうならメリットはなんだと言えばまさに回線の速度改善です。光コラボでNTT回線でどこかしらと提携されているコラボを使っている方も多いと思います。しかし光コラボで回線が遅いと感じている方も多いようです。

そこでIPv4からIPv6に変更したら劇的に改善したという報告もチラホラ目に入るようになってきました。

コラボでは用意されたプロバイダを使うことが決まっており別のプロバイダを使いたい場合は別途で契約する必要があるのです。大手のコラボ提携なところであればほぼほぼIPv6は適応されているので回線が遅いと感じた方は切り替えも試しましょう。

 私のIPv6に変更した後の計測値です。IPv4の時はこの200が20でした。計測した時間が23:40でしたのでこの時間帯にこれだけ出ていたら感無量です。

IPv6デメリット

良いところもあれば悪いところもあるのが世の常です。

NTTの場合でお話をすると勝手にIPv6にはならないってことです。NTTの会員Webサイトからログインをして契約内容の詳細より追加しなければなりません。追加する契約内容はIPv6追加オプションで追加料は無料で済ませられます。

設定が分からないって方が見直しをしたくてもなかなか簡単には、設定が出来ないところは一番頭を悩ませてしまうところかもしれません。

使用しているルーター機械がそもそも対応してなければ対応しているものを用意しなければならなかったり無線ルーターでも対応してないといけないので用意する予算が増えてしまいます。

また技術面や運用面についてはまだまだ不確定要素が多いのも事実です。

まとめ

実際使ってみての感想はかなり改善されました。パソコンを使うことがメインなので特に顕著に体感出来ていると思います。データのダウンロードするデータ量が多いほど肌で感じ取ることが出来るほど通信が安定しました。

今の回線速度に満足していない方はやってみる価値あり。特に不便に思っていなければ今のままでも良いと思います。新しいことを導入するのは使えなくなった場合に困るので環境によって絶対IPv6にしなきゃダメってことではないってことです。